ETFについてよくある質問


ETFについてよくある質問 ETFの特徴
日経平均株価とは何ですか?
日経平均株価とは、東京証券取引所第1部に上場している銘柄のうち、日本を代表する225銘柄を対象とした平均株価のことです。

1950年から算出(※)されていますが、その連続性を保つために、株式分割などが行われた際に生じる株価の下落(権利落ち)を除数というものを使って、225銘柄の平均値を修正しています。
当初は東京証券取引所が算出していましたが、1970年以降日本経済新聞社がその業務を引き継ぎ、日経平均株価として算出・公表しています。225銘柄の選定も日本経済新聞社が行なっています。

歴史があること、知名度が高いことなどから、東証株価指数同様にわが国の株式市場の値動きを説明する際に良く使われています。投資信託でもインデックスファンドの対象の指数として人気があります。

※取引所が再開した1949年5月16日までさかのぼって平均値を算出しています。