ETFについてよくある質問


ETFについてよくある質問 ETFの特徴
東証株価指数(TOPIX)とは何ですか?
東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所が算出、公表するわが国の株式市場を代表する株価指数の一つです。

東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所の第1部に上場されているすべての銘柄(※)の時価総額を指数化し、株価の変動をとらえようとするものです。

1968年(昭和43年)1月4日を基準時として、当日の時価総額を100として指数化しています。1969年(昭和44年)7月1日から東京証券取引所が算出・公表しています。
2005年10月31日からは、浮動株を反映(*)した時価総額を用いて算出されています。

※算出対象は普通株式で、優先株式は含まれません。また、上場したばかりの銘柄や整理銘柄も対象から除かれます。なお、日本たばこ産業とNTTの政府保有分は、上場していないのでこれもTOPIXの算出対象とはなりません。

*創業者一族や大株主が保有していない株式を浮動株といいます。創業者一族の持分や企業間の持合株式は市場に出回りにくいので、浮動株比率が低い銘柄は実質的に売買される株式数が少ないことになります。 実質的に売買される株式数が少ない銘柄は、上場株式数が同水準でも浮動株比率が高い銘柄と比較すると、価格が動きやすい傾向があります。その違いを指数に反映するため、東証株価指数は実質的に売買される株式=浮動株を勘案した計算式にあらためられています。