上場投資信託(ETF)について


ETFについて ETF入門編
ETFのメリット
ETFは投資のビギナーにとって、メリットが理解しやすい商品だといわれています。

わかりやすい ETFは毎日見聞きする株価指数などの動きに連動することをめざして運用されています。
「日経平均株価が●年ぶりに2万円を上回った」
「年初来最高値を更新した」
といったことなどがニュースにもなるため、価格の水準や推移がわかりやすく、個別の銘柄への投資などと比較すると投資判断がしやすいといえます。
分散投資効果があります 投資の基本は投資対象をいくつかにわけてリスクを分散することです。ETFでは連動をめざす指標の構成銘柄(日経平均株価なら225銘柄)に分散投資が行なわれるので、個別銘柄への投資と比べリスクの分散が可能です。
また、ファンドによって異なりますが、1万円前後から10万円前後で始められるものが多く、少額からの投資が可能です。
いつでも買うこと売ることができる ETFは株式と同様、市場が開いている間は、刻々と取引価格が動いています。投資家が「今が買い」あるいは、「今が売り」と考えるタイミングでいつでも売買ができます。
分配金を受け取ることができます ETFも一般的な投資信託と同様、運用成果が投資家に収益分配金として分配されます。

※分配金は保証されたものではなく運用成績次第では支払われないこともあります。

どこで買える?
取引の方法