上場投資信託(ETF)について


ETFについて ETF入門編
ETFのリスク
価格変動リスク ETFは株式など値動きがある有価証券等に投資するので、価格が変動するリスクがあります。
一般的な投資信託や個別の株式投資と同様、元本が保証されている商品ではありません。
信用リスク 組入れる株式や債券等の発行者の経営・財務状況の変化や、外部状況の変化により、価格が変動するリスクがあります。
流動性リスク 上場している金融商品取引所での取引量が少ない場合は、売買が成立しないリスクや見込まれる価格で売買できないリスクがあります。
乖離するリスク ETFは指数の値動きに連動することをめざして運用されていますが、金融商品取引所で売買されているために、指数の動きに反応するだけではなく、買いと売りの需給関係によっても価格が変動します。その結果、ETFが連動をめざす指数の値動きから乖離するリスクがあります。

指数の動きと取引価格・基準価額の推移が乖離する理由

ETFが連動をめざす指数等と、ETFの取引価格・基準価額の推移が乖離する主な理由は以下のとおりです。

  1. 指数等の構成銘柄のすべてを指数等の算出方法どおりに組入れない場合があること
  2. 運用管理費用(信託報酬)、売買委託手数料等の費用負担
  3. 組入証券の売買時の約定価格と基準価額の算出に使用する価格の不一致
  4. 指数等の算出に使用する価格と基準価額の算出に使用する価格の不一致
  5. 指数先物と指数の動きの不一致(先物を利用した場合)
  6. 投資対象および指数先物取引の最低取引単位の影響
  7. 投資対象および指数先物の流動性低下時における売買対応の影響
  8. 指数等の構成銘柄の入替えおよび指数等の算出方法の変更による影響
  9. 追加設定時および組入銘柄の配当金や権利処理等によって信託財産に現金が発生することなど
一般的な投資信託、ETF、株式投資の比較
「ETFとは」に戻る
もっと詳しく知りたい方はこちら